まなび with VS  Z会!! どっちを選ぶのが正解!?

f:id:riaanehiriaotouto:20200415063608j:plain


幼児家庭学習教材で有名な『まなびwith 』と『Z会 』それぞれの特徴や違いが気になりますよね

今回は、『まなびwith』と『Z会』の2つの学習教材を、徹底的に比較していきたいと思います!

 

 

 

まなびwithって何?

f:id:riaanehiriaotouto:20200417223620j:plain

幼児コースでは、オリジナルキャラクターの『まなぼうず』、小学生コースでは『名探偵コナン』のキャラクターと一緒に学ぶことのできる、まなびwith!
図書出版会社から出ている教育教材ということもあり、キャラクターが魅力的なのはもちろん、他の教育教材会社に比べて、圧倒的にカラーが綺麗!ワークなどは、まるで絵本のように鮮やかな装丁に仕上げられています
また、教科書準拠の学校の進度に合わせる、というよりも、お子さんのペースで計画を立てて進めることができるところも、まなびwithの特徴の一つです

 

 

 

 

Z会って何?

f:id:riaanehiriaotouto:20200417223202j:plain

 

『自ら学び、自分で考える』ことを大切にするZ会!特に幼児コーステキストの『ぺあぜっと』は、他の幼児教材にはない、実際の経験を大切にした学習ができる内容になっています!また、受験や進学向けの教材に特化している会社ということもあり、就学後は授業よりも応用、発展問題を多く織り込んだ教材になっていきます
さらに、Z会は、『あとのび』する力についても力を入れており、就学後の学習への効果が期待されています 
 

 

 

一番の違いは!?

2つの学習教材の一番の違い・・・それは・・・

まなびwith
→『調べ学習や論理的思考問題により、自分なりに答えを見出す力をつける
Z会
→『知識と体験を合わせることで、学びをしっかりと定着させていく

ということ!

 

まなびwithは、図鑑での調べ学習や、パズルなどの論理的思考問題、作文などにより、1つの解答だけでなく、様々な側面から見た回答を、自分なりに導き出す力を養っていきます

f:id:riaanehiriaotouto:20200415063602j:plain



もっと詳しく知りたい方はこちらからどうぞ
(→まなびwithのメリット・デメリットは? 小学館に魅力を聞いてみた!

 


それに対し、Z会は、身の回りにある「ふしぎ」を実験、検証してみたり、と、実際に体験することで、知識の裏付けができ、『あのとき勉強したのはこういうことだったのか!』と知識がしっかりと自分の中に定着していきます

f:id:riaanehiriaotouto:20200415082019j:plain

もっと詳しく知りたい方はこちらからどうぞ
(→Z会 幼児コース! 学習意欲が高まり、あとのびする!? 

 

 

 

メリット、デメリット比較 

 

学びwithのメリットデメリット

メリット

論理的思考力を使い、自分なりに答えを見出す学習ができる

キャラクターと一緒に楽しく学べる

ワークや教材がカラフルで綺麗
(勉強!という堅苦しさを感じさせない)

教科書準拠ではなく、学校の進度を気にせず、自分のペースで学べる

保護者向け冊子があり、指導しやすい

〇年に何回か添削テストを受けることができる

〇小学生以降も、継続して学べる

〇デジタルコンテンツが充実している
(デジタル図鑑や知育ゲーム、保護者向けのおうちの人マイルームなど、)

〇1か月から受講できる

〇継続して学ぶことができる

 

 

デメリット

〇2歳までの教材がない
 →小さいころから学ばせたい人はこどもちゃれんじ

〇特に幼児は親がいっしょに取り組む必要がある

 →1人で学ばせたい人はスマイルゼミ

 

 

Z会のメリット・デメリット

メリット

体験と知識のつながる学習ができる

体験的学習が多く、遊び感覚で楽しめるので、意欲的に取り組める

 (自ら学ぶ、考える力がつく)

自分の努力が、ポイントやご褒美という形で見える

授業よりも応用的、発展的課題を解ける力が養われる

英語も学べる
(マイページからデジタル教材で学べる)

〇年中さんから担当の先生が付き、添削課題にコメントがもらえる
〇小学生以降も、継続して学べる
〇デジタルコンテンツが充実している
(英語を学ぶことができる)

〇1か月から受講できる
(年齢によって料金は異なりますが、2000円前後から)

〇継続して学ぶことができる

 

デメリット

〇2歳までの教材がない
 →小さいころから学ばせたい人はこどもちゃれんじ

〇特に幼児は親がいっしょに取り組む必要がある

 →1人で学ばせたい人はスマイルゼミ がおすすめ

 

 

 

受講料比較

 

対象年齢 まなびwith

Z会

0~1歳 なし なし
1~2歳 なし なし
2~3歳 なし なし
3~4歳 2117円 1870円
4~5歳 2369円 2090円
5~6歳 2369円 2200円
小学生

3378~5092円

5068~12820円
中学生 なし 9970~11288円
高校生 なし 受講科目により様々  
大学生・社会人 なし 受講科目により様々  
    ※上記は紙面教材の通信学習料金、他にタブレット学習もあり

 

値段だけを見るとZ会の方が若干安いですね

ただし、まなびwithのほうがデジタルコンテンツが充実していたりするので、一概にこの値段だけでコスパの比較は難しいです・・・

 

 

 

教材内容比較

 

 ひらがな教材 

まなびwith

f:id:riaanehiriaotouto:20200411224211j:plain

               絵に会う正しいひらがなシールを貼っていく問題

 

Z会

f:id:riaanehiriaotouto:20200417223441j:plain

こちらは、正解のひらがなも書いてありますが、自分で正しい方を書く問題

 

 

かずの教材

まなびwith

f:id:riaanehiriaotouto:20200411224214j:plain

順番に数字をつないでいく問題

 

Z会

f:id:riaanehiriaotouto:20200405001428j:plain

マスの数を数えて、鉛筆の長さを数えていく問題

 

若干ですが、Z会のほうが難易度が高め

 

各教材独自の内容

まなびwith

f:id:riaanehiriaotouto:20200412000949j:plain

f:id:riaanehiriaotouto:20200412000953j:plain

学びwithの特徴ともいえる図鑑からの調べ学習!
知的好奇心をはぐくみ、「なぜだろう?」「もっと知りたい!」と思うきっかけになります

 

Z会

f:id:riaanehiriaotouto:20200405001446j:plain

f:id:riaanehiriaotouto:20200405001523j:plain

Z会独自の体験型ワーク、『ぺあぜっと』!身の回りの不思議を実験、経験したことが、知識で学んでいた内容と結びつき、「こういうことだったのか!」と、しっかりと理解でき、身についていきます

 

どちらも、自分で考え、学んでいく姿勢を大切にしています

 

 

 

全体比較

 

  まなびwith    Z会
受講料金 2117円~  1870円~
学習継続可能年齢 年少~小学6年生 年少~社会人
キャラクター

幼児:まなぼうず

小学生:コナン 

なし
ご褒美の有無

なし

(小学生から有り)

あり
デジタルコンテンツ

子供向け

・デジタル図鑑

・知育ゲーム
・DLプリント

大人向け

・おうちマイルーム

子供向け

・英語のデジタル課題

・添削課題の提出と確認

教材難易度・進度 教科書準拠でなく、自分のペースで学べる 特に小学校以降、発展・応用問題が多くなる
添削内容

・年数回添削テスト

・内容はテスト形式

・毎月添削課題

(年中から)
・体験学習の絵を描く

1ヶ月からの受講    可    可

 


それぞれの特徴はあれど、値段の面、内容の充実度から見てもほぼ互角のまなびwithとZ会
値段、学習継続年齢、ご褒美の面で見ると、Z会のほうが優位なように感じますが、キャラクター起用、デジタルコンテンツ、添削問題の面からみると、まなびwithのほうが充実!、教材難易度から見ると、若干、Z会が高めかな、と思いますが、それほど大きな違いはありません

それぞれに良さがあって迷ってしまいますね・・・

\公式サイトを見てみる/
  

 

 

 

どっちをえらんだらいい? こんな人におすすめ

まなびwith


 キャラクターと一緒に楽しく学ばせたい

 カラフルで勉強の堅苦しさを感じないものがいい

 自分のペースで学べるものがいい

 デジタルコンテンツでも色々学べるものがいい
  (子供向け&保護者向けのコンテンツ有り)

 添削テストの受けられる物がいい

 

 

Z会


 「どうして?」と考えたり、実験してみるのが好き

 進学を見据えたり、授業よりも応用、発展問題が解けるようにしたい

 自分の努力が、ポイントやご褒美という形で見えるものがいい

 定期的に添削課題、担当の先生からコメントが貰えるものがいい

 親が体験課題に付き合うことができる

 

 

一番分かりやすいのは、やはり実際の教材を手に取ってみること


2つの教材を実際に見てみることで、より比較がしやすくなります
教材を手に取ってみてみると、直感的にどちらがいいか感じることができますし、より詳しい内容やその時の、お得なキャンペーン情報も知ることができます

\今すぐ無料教材で比較してみる/
  

 

もっとまなびWithのことが知りたい』という方はこちらの記事もどうぞ

まなびwithのメリット・デメリットは? 小学館に魅力を聞いてみた!

 

 

Z会が知りたい』という方はぜひこちらもどうぞ

Z会 幼児コース! 学習意欲が高まり、あとのびする!?

こどもちゃれんじ VS Z会 徹底比較! 違いは?どっちがいい?