『へんしんサンライダー』徹底レビュー!! 口コミは嘘?真相は!?

スポンサーリンク

f:id:riaanehiriaotouto:20200207224654j:plain

  

お子さんが自転車に乗れるのを早くするといわれている、ストライダー
なんと、そのストライダーを超える機能を持ち、最近話題になっているバイクがあります!それが・・・

へんしんサンライダー!

 

今回は、この『へんしんサンライダー』について、口コミや、メリット・デメリット使ってみた感想についてご紹介していきたいと思います

 

 

 

 

 

へんしんサンライダーってどうして話題なの?

www.youtube.com

 (参照元:FC公式動画)

 

へんしんサンライダーが人気の理由はこちらの通り

 

梶付き三輪車、普通の三輪車、ストライダーの3wayで使える

自転車に早く乗れるようになる

 

 

 

梶とりハンドル付きの三輪車はよく見かけますが、『へんしんサンライダー』のようにストライダーとしても使え、3wayで使えるものは、今のところ他にありません

 

また、自転車に早く乗れるようになるバイクとして、ストライダーがよく知られていますが、実は、自転車に乗れるようになるためには、バランスが取れることのほかに、ペダルを漕ぎだす力が必要になります
ストライダーだと、バランス感覚は養われるものの、そもそもペダルがありませんので、このペダルを漕ぎ出す力を養うことができません

自転車に乗るために必要な2つの力をサポートしてくれるのが、『へんしんサンライダー』です

 

 

 

 

 

へんしんサンライダー 基本情報

 

 

 

  対象年齢       1~4歳
  使える形状   ・三輪車(押手棒有)
  ・三輪車(押手棒無し)
  ・ストライダ
  バイク単体重量       3,8㎏
  

へんしんサンライダーは、1歳から4歳まで乗ることができ、押手棒、ペダルを取り外すことのできるバイクです

 

・まだハンドル操作ができない → 大人が押手棒で梶切して乗る

・ハンドル操作ができる → 梶切棒を外して三輪車として使う

・三輪車に慣れた → 車輪を外してランニングバイクとして使う

 

 

 小さなお子さんでも、足をのせられるフットボードとカジキリ押手棒がついているので、パパやママも安全で、楽に押してあげることができます

 

 一人で乗れるようになったら、カジキリ押手棒を外して、普通の三輪車として乗ることができます
1歳からの小さいお子さんでも足がつく高さに作られているので、安心して乗ることができます
 

三輪車に慣れたら、ペダルとタイヤの一つを外して、ランニングバイク(ストライダーの形状)として乗ることができます
ストライダーに比べ、座面までの高さが低いので、より低年齢からバランス感覚を養うことができます

 

\もっと詳しく見てみる/

 

 

 

 

へんしんサンライダーの口コミ

へんしんサンライダーの口コミは、楽天Amazonともに非常に高く、☆4越え!店舗によっては☆5!のところもあるほどの有能商品
口コミの詳細は以下の通り

 

良い口コミ

〇組み立てが簡単

〇梶取り棒がついているので自転車に乗り慣れていなくても乗れる

〇梶取り棒がついているので、押すときに腰が楽

〇成長に合わせて形を変えて使うことができる

〇形を変えて使えるので、自転車までこれ1台で済む

〇タイヤが太く、安定感がある

〇梶取り操作が滑らか

〇子どもが大喜び

 

悪い口コミ

〇梶取りができない

〇不良品が届いた

 

 

 

口コミの真相

 

口コミを見てみると、楽天では、『1236件中19件が悪い口コミ』
一方、『566件が☆5』、『581件が☆4』という高評価!!

 とはいえ、悪い口コミも気になりますよね・・・ 

そこで悪い口コミを見てみたところ、そのほとんどは、

不良品が届いてしまった

梶取りができない


そこで、実際に店舗に確認してみたところ、

 

前モデルの物は、梶取りができません

 

悪い口コミにあった「梶取りができない」、という物については、
前モデルについてのレビューを、新モデルの場所に書き込んでしまったためのもの、と考えられます


下の実際に乗ってみたレビューでも書いていますが、

カジトリはむしろ最高に楽!!
重さを感じない上に、片手でも操作可!
きょうだいがいても、手を繋ぎながら片手で操作できます

\もっと詳しく見てみる/

 

 

 

 

実際に購入してみた! 徹底レビュー!

 

f:id:riaanehiriaotouto:20200422230906j:plain

こちらは、同封の説明書です
気になる組み立て時間ですが、

2人で15~20分ほどで組み立てが完了しました

すごく難しい!ということはありません
ただ、3wayで使えるだけに、部品があるので、使う部品を間違えないよう確認しながら組み立てました

f:id:riaanehiriaotouto:20200422230811j:plain

こちらは組み立て終わったサンライダー!
さっそくカジトリを試してみます
右にかじを切ればハンドルは右に

f:id:riaanehiriaotouto:20200422230804j:plain

左にかじ取り棒をひねれば、ハンドルも左に
ちゃんと梶が取れています
そして驚くべきはそのカジトリの楽さ!!

ほとんど子どもの重さを感じることなく、片手でも楽々操作ができます

試しに1㎞ほど散歩してみましたが、負担なく、楽にお散歩ができました
小回りも効き、非常に操縦しやすいです

 

f:id:riaanehiriaotouto:20200422230814j:plain

こちらは我が家の1歳の息子の足(股下は30センチほどです)
ペダルに足が届くものの、逆の足が爪先立ちになってしまい、まだ一人でこぐのは難しいです

f:id:riaanehiriaotouto:20200422230817j:plain

地面には、しっかりと両足が付きます
これなら、1歳からの小さいお子さんでも安心して乗れますね

 

f:id:riaanehiriaotouto:20200422230757j:plain

まだペダルに足が届かなくても、カジトリ押手棒と、フットボードがついているので、
小さいお子さんでも楽しく乗ることができます

フットボードに足を乗せてくれると、靴が道路にこすれて削れてしまうこともないので、助かっています

 

f:id:riaanehiriaotouto:20200422230820j:plain

フットボードは少し小さめですが、1歳の息子が足を乗せる分には問題ないようです(息子の足のサイズは14㎝です)

 

f:id:riaanehiriaotouto:20200422230824j:plain

ハンドルもゴム製のグリップで、細めに作られているので、小さいお子さんでもしっかりと握ることができます

f:id:riaanehiriaotouto:20200422230801j:plain

タイヤは、ゴムとプラスチックの間のような硬めの素材でできており、滑り止めがついています

 

f:id:riaanehiriaotouto:20200422230809j:plain
ペダルは、プラスチック製で、滑り止めっがついています
プラスチック製ということもあり、足が滑ってしまわないのか心配しましたが、意外に滑り止めの溝が深いせいか、今のところ足が滑り落ちたことはありません(購入から2か月、ほぼ毎日使用)

f:id:riaanehiriaotouto:20200422230754j:plain

ストライダーにするときには、ペダルを外すことができます

 

 

 

 

 

メリット・デメリット

 

実際に購入してみて感じたメリットはこちら

メリット

〇カジトリ押手棒のコントロールがコントロールしやすい
〇カジトリ押手棒付きなので、親への負担が少ない
〇3wayで使えるので、自転車まで、これ一台で済む
〇小さい子でも両足がしっかりつくので安心
〇フットボード付きで靴が削れない

 

とにかく、カジトリ押手棒のコントロールの楽さが助かる!
片手で上の子と手をつないでも操縦できるので、むしろベビーカーより楽です

 

デメリット

 

〇フットボードが小さめ

 

足が落ちたりはしないのですが、なんとなく窮屈そうに見える・・・

 

 

買ってみての感想

実際に購入してみて、一番印象的だったのは、カジトリ押手棒でのコントロールのしやすさと、大人の負担のなさでした
上の子が三輪車に乗っていた時、押してあげるためには、どうしても中腰にならざるを得ず、とても大変でした・・・へんしんサンライダーを購入してみて、その楽さに、もっと早くからこれを買っていればよかった、と思いました

 

また、自転車に乗るためには、ペダルを漕ぐ力と、バランス感覚が大切です
へんしんサンライダーは、1台でこの2点をカバーしてくれるので、いくつも乗り物を買う必要がなく、金銭的にも、収納スペースの点でも助かっています

 

 

 

 

 こんな人におすすめ

  

自転車にスムーズに乗れるようにしてあげた

できるだけ買い替え台数を減らしたい

押手棒付きのものがいい

低年齢から乗れるものがいい

  

\詳しく見てみる/