子どもの長靴が脱げる・・・ 対処法は!?

スポンサーリンク

f:id:riaanehiriaotouto:20200215142028j:plain




どうも、リア姉です^^

 

f:id:riaanehiriaotouto:20191028001129j:plain

 

我が家には、1歳と5歳のかわいい子供たちがいます

毎日、バタバタしつつも、やっぱり楽しい子育て♪

 

今日はそんな子育ての中で感じる『長靴問題』について書いていこうと思います

 

皆さん、お子さんに長靴を履かせたこと、ありますか?

履かせたことのある方はご存知かと、思いますが・・・

 

子供の長靴って、なぜ!?っていうくらい脱げる・・・!!^▽^;

とにかく脱げる!! めちゃくちゃ脱げる!!

 

f:id:riaanehiriaotouto:20200215135916j:plain

 

 外が晴れだろうが、何だろうが、なぜかチョイスされる長靴・・・(⁻▽⁻)

そして、長靴を履いて「わぁい」と喜んだのもつかの間・・・

f:id:riaanehiriaotouto:20200215135912j:plain

 なぜっ!!Σ( ロ lll)

そして・・・

f:id:riaanehiriaotouto:20200215135904j:plain

 

 そして拾ってはかせると・・・

 

 

f:id:riaanehiriaotouto:20200215135910j:plain

 

 

 もちろん、ねこと戯れた後は・・・

f:id:riaanehiriaotouto:20200215135912j:plain

f:id:riaanehiriaotouto:20200215135904j:plain

 

 

f:id:riaanehiriaotouto:20200215135907j:plain

 

これ、いったいなんの修行っすか!!?Σ( ロ lll)

 

 

特に1歳の下の子が長靴を履くと・・・

抱っこしては脱げ、履かせては抱っこになり・・・

また抱っこすると脱げ・・・

 

そしてまた、抱っこしたまま屈ん・・・長靴を拾うスクワットが、なにげに辛い・・・orz

 

なにか長靴が脱げないいい方法はないものか・・・

 そんなわけで、早速調べてみました

 

育児漫画が気になる方はこちらからどうぞ

 

 

 

 

どうして長靴は脱げるの?

長靴は普段履いているスニーカーなどに比べ、足と靴の間に空間が空いています
特に、抱っこする時には、足の甲部分に空間が原因となり、靴が落ちやすくなります
靴底と足のサイズがぴったりであっても、足が斜めに傾くことでかかと部分への空間ができてしまい、長靴がするん、と落ちてしまうのですね・・・


でも、キツイ長靴をはかせるわけにはいかないよね・・・

 

 

長靴が脱げなくするには?

 

中敷きを入れる

長靴は、通常の靴と同じサイズ表記でも、通常のものより少し大きめに作られていることも多いです
そのため、中敷きを入れることで、足と長靴の間にできた差を埋め、サイズを合わせることができます

 

 こちらの中敷は、お子さんの成長にあわせて考えられた中敷きで、サイズ調整以外にも、不安定な歩行のぐらつきをサポートしたり、足の成長を促す効果があります

クッション性があるから、慣れない長靴でも、足が痛くなりにくい!

 

 

 

 空間に詰め物をする

足首部分にタオルをまくなど、足と長靴との空間に詰め物して空間を埋めることで、長靴が落ちにくくなります

ただし、毎回詰め物を入れるのは、ちょっと面倒くさいかもしれませんね^^;

入れても、子どもが嫌がってとっちゃいそう・・・

 

 

ゴムを着ける

1歳から2歳くらいのお子さんは、まだベビーカーや抱っこでの移動が主なこともありますので、

脱げなくするというよりは、脱げても落ちないようにする、という方法でもいいかもしれませんね

ゴムを使って靴が落ちないようにする方法は、こちらで紹介されています^^

togetter.com

 

 

 

防水足カバーを着ける

 

よくスキーや雪遊びの時に使われる防水足カバー、こちらはかかとにゴムバンドがついており、これが支えとなるので、長靴が落ちにくくなります
また、足のすね部分にもゴムが入っており、2箇所で長靴が固定されます 

隙間から水も入ってこなくて安心♪

 

 

 

脱げにくい長靴を選ぶ

子どもの足の成長を考えて作られたレインシューズ!屈曲性のある、スニーカーと同じソールを採用し、足の動きにあわせて長靴がフィットするので、長靴でも歩きにくさを感じず、歩けるように作られています 

これなら、走っても転びにくくて安心!

 

 


  こちらは有名なクロックスから出ている長靴くるぶし部分がくびれているデザインのため、足首にきゅっとフィットし脱げにくい設計になっています

 


   

  こちらのように、足を入れる部分がギュッとしぼれるようになっていれば、長靴でも脱げにくく、安心して履くことができますね 

  

 

 こちらは女の子向けの可愛いデザインがたくさん!もちろん、足を入れる部分のしぼりも付いています

 

ネットだと、靴屋さんにはないデザインや機能性の高いものがいっぱい!!

 

 

 

普段の靴にちょっぴりプラスのアイディア

 長靴がだいすきな子どもたち脱げてしまおうが、お外は晴れだろうが、そんなの関係ない! いつでもだいすきな長靴が履きたい!そんなときには、普段のくつを特別にしてみるのもあり! 

こちらのしっぽだけは、本来名前を書いたり、自分のものだとわかるように目印として使うものなのですが、お気に入りのキャラクターの写真を貼ったり、可愛いイラストを描けば、靴のアクセサリーとして使うことができます
かわいいアクセサリーをつけることで、長靴よりも、普段遣いの靴に魅力を感じてもらえるかもしれませんね^^

 

 

 

 

おすすめレイングッズ

長靴と合わせて、見ておきたいのは、便利なレイングッズ!
子どもと外出するだけで大変なのに、雨が降ると、もっと大変・・・
でも、便利なレイングッズを活用することで、お子さんとの雨の日のお出かけがぐんとらくになり、親子で楽しくお出かけができるようになります

親子おそろいポンチョ

  

こちらは親子でおそろいコーデを楽しめちゃうポンチョ!
サイズは『S、M、L』から選ぶことができ、柄もおしゃれな4種類から選ぶことができます
レインコート 雨具 カッパ ポンチョ 親子 おそろい プリント かわいい
ちょっと憂鬱な雨の日も、楽しいおそろいコーデで出かければ、気分もハッピーになりそうですね♪

インスタ映えにもピッタリ! きょうだいでおそろいにしても可愛い!

 

 

 

レインハット

長靴問題も大変だけど・・・レインコートの帽子をかぶらない問題もパパママの悩みの1つなのではないでしょうか?
傘だと両手が開かないから、と、ポンチョを着せたのに、帽子をかぶってくれなくて結局びしょびしょになっちゃった・・・なんてこと、ありますよね^^;
ポンチョの帽子は顔を覆ってしまい、視界も狭くなるので、実は危険!
レインハットをかぶることで窮屈さも改善され、視界を悪くせず、安全に歩くことができますね

子どもの視界は、もともと大人より50°も狭いといわれています

 

 

 

傘ホルダー

子どもを車に乗せていたら自分がずぶぬれになってしまった・・・なんて経験、ありませんか?特に小さいお子さんだと、チャイルドシートに固定したり、と何かと時間がかかります
せっかく濡れないように車でお出かけするのに、出発前にびしょびしょになるのは嫌ですよね・・・
そんな時に役立つのが、この傘ホルダー!!傘を車の窓に簡単に固定できるので、車の乗せおろしで濡れるのを防いでくれます

これ、めちゃくちゃ便利!!

 

 

 

雨の日のお出かけは大変ですし、雨というだけで、気分も憂鬱になりがち・・・
でも、便利なグッズや楽しめるグッズを賢く利用することで、憂鬱な雨の日もハッピーにお出かけできたらいいですね!

 

 

 リア・非リアきょうだいについて

www.riahiriakyodai.com