IHヒーターマットって必要なの? 使ってみてどう? IHマット徹底レビュー!!

スポンサーリンク

f:id:riaanehiriaotouto:20200208152418j:plain

 


どうもリア姉です

f:id:riaanehiriaotouto:20191028001129j:plain

 

皆さん、IHヒーターってどんな風に使っていますか?

掃除もしやすく、見た目にもおしゃれで料理もしやすいIHヒーター!

ただ、そんなIHヒーターにも欠点が・・・

 

それは、見た目がきれいなだけに、汚れが目立つこと・・・

 

こちらは我が家のIHヒーター(使用2年ほど)

f:id:riaanehiriaotouto:20191113054010j:plain

一見綺麗そうに見えますが、よーく見ると、ガラス表面の点が少し茶色に変色してきています

毎日使用後には必ず水拭き、週に一度は洗剤でも掃除しているのですが・・・

どうしてもこれを落とすことはできない・・・

 

そこで、IHヒーターのマットについて色々と調べ、以前にこんな記事を書いてみました

 

 

こちらの記事では、IHマットの種類やそれぞれの性質

マットがあることでのメリットとデメリットについてまとめました

 

さらに、マットの代わりの代用品としてキッチンペーパーが使えるという記事を発見し、その実践レビュー記事も書いています

 

で、結果として感じたのは

 

確かにマットありの方が断然汚れない

キッチンペーパーは意外にコスパが悪いのではないか・・・

キッチンペーパーを使いつづけるのはさすがに見た目が悪い

 

そこで、悩むこと3か月!ついにIHヒーター専用のマットを購入することにしました!!(どんだけなやんどんねん⁻▽⁻;)

 

で、あちこちのホームセンターというホームセンターを回って現物を見たり、おしゃれなIHマットがないかひたすらネットで検索してみたりした結果

 

私の感じたことは以下の通り

 

 

 

 

IHマットは種類ごとに、全然違う

IHマットは、ガラス、シリコン、ガラス繊維の3種類が主なもの

とはいえ、同じIHマットなんだから、だいたい同じ様なものだろう、と思っていたら、全く違う!!Σ( ̄ロ ̄lll)

 

ガラス繊維

 

価格帯も一番お安く、デザインも豊富なガラス繊維

ガラス繊維という名前ではありますが、ガラス感は全くなく、しいてゆうならば薄~いシートの様なものです

実物を見びっくり!このガラス繊維、本当にめちゃくちゃうっすい!!

 

どのくらい薄いかというと、よくショートケーキの下とかについてる銀紙ありますよね、あれなみにうっすい!!

私自身はマウスパッドくらいの厚みかと思っていたので、実物を見てびっくりでした^^;

さらに、これ、貼るタイプなのですね・・・

台紙からはがして、シールのように(シールではないです)ガラス面に張り付けるという使い方です

張り付く原理としては、よく、ラップが張り付いてしまうのと同じ原理

ただし、粘着力は強く、貼られ方としてはシールの様な感じだそうです

 

手入れ法は、頻繁にはがして拭くのではなく、汚れたら、さっと上を拭く

汚れが目立ってきたら、取り換える、という使い方

 

確かに価格もお安いですので、それもありかな、という気はします(クッキングペーパーで4か月半使用したのとと同じくらいの値段)

 

ガラス繊維がおすすめの人

〇普段からそれほど汚れないのでマット上の拭き掃除で十分の人

〇何か月かおきにデザインを変えて楽しみたい人

〇なるべくIHの段差をなくし、フラットに使いたい人

 

 

 

 

ガラス

 

ガラス素材の物は3種類の中で、最もお値段が高く、5000円越えの物がほとんど

ただし、見た目も別格におしゃれで、きちんと感があります

 

滑り止め加工をされているものや、別売りで滑り止めカバーを購入することもできるものもあり使い勝手もいいです

汚れたら、すぐに丸洗いすることもできますし、何より、下のIHマットに汚れができてしまっても、すぐに気づいてお手入れをすることができます

長く使うなら、断然これ!という気がします

 

マット自体の寿命は非常に長く、もしも割らずに長く使えるのであれば、IHマットのコスパとしては一番良いもの、と言えますね

 

半面で、ガラスですので、落とすと割れてしまう危険があること

また、IHのガラス面で落としてしまうようなことがあれば、本体自体に傷をつけてしまう可能性もあります(心配しすぎかもしれませんが^^;)

 

見た目は本当におしゃれで、ぜひガラスにしたい!!と思ったのですが、私自身は、結構そそっかしいタイプで、結構、つるっと手を滑らせたりすることがよくあり・・・

さらに、今は子育て中ということもあり、キッチンは戦場!日々時間との戦いなので、ガラス製の物は、扱いの面で自分がストレスになるかな、と思い、泣く泣く諦めました

 

ガラス素材がおすすめの人

〇割れないように丁寧に扱うことができる人

〇頻繁にマットを外して掃除がしたい人

〇とにかく見た目重視でおしゃれに保ちたい人

 

 

 

 

シリコン

 

両方の間を取ったような厚みや性質を持つのがシリコン

頼りないほどにぺらっぺらに薄くもなく、ガラスのようなしっかり感もない

シリコン、というとおそらくみんなが想像するままの、厚みと、手触り感

 

ガラス素材のようにはがすとすぐ粘着力がなくなるとことはなく、汚れが気になったら丸洗いもできますし、落として割れてしまうこともありません

 

ただし、何度も洗えば粘着力はなくなりますし、ガラス素材のようにずっと使えるものではなく、汚れが目立ってきたら、買い替えになります

(特に白はすぐに汚れが付くので要注意)

 

とはいえ、ほどほどにおしゃれで、比較的扱いやすく、コスト的にも高すぎない

結局我が家はこれを購入しました

 

シリコンがおすすめの人

〇時々はがして本体やマットも掃除したい人

〇適度にしっかりしていて、適度におしゃれがいい人

〇滑りにくいものがいい人

 

 

 

使ってみたレビュー

 

見た目がおしゃれになる

 

シリコンのため、どうしてもほこりやごみがつきやすいのが気になるところではありますが・・・

 

f:id:riaanehiriaotouto:20200208152412j:plain

f:id:riaanehiriaotouto:20200208152415j:plain

キッチンペーパーだったころに比べてみると

見た目の違いはご覧の通り!

やっぱり、専用の物はいい!

いままでがキッチンペーパーだったということもあってか、ビップな気持ちです^□^w

 

 

汚れない

そのまま使っていた時に比べ、キッチンペーパーを利用していた時の方が断然汚れない

と思っていましたが、全く汚れないというわけではなく、強火調理や長時間の煮込み料理をすると、茶色く焦げたような跡がついてしまっていました

しかし、やっぱり、さすが市販!といった感じマットに変えてからは、本当にほぼ汚れあとはついていません

 

何よりよかったのは、市販の物は、本体のIHヒーターにピッタリと張り付いて、接着面に隙間ができないので、料理中にはねてしまった調味料などが入り込んだり、染みたりすることがありません

そのため、1週間つけっぱなしで一切はがさず、拭き掃除をせずにいても語ら案のように綺麗な状態です

f:id:riaanehiriaotouto:20200208154319j:plain

 

 

マットを使用してみて、汚さないためには、なべ底の汚れをヒーターに付着させないことと同時に、マットとヒーターに隙間を作らず、料理中の汚れからも保護することが大切なのだと改めて実感しました

 

 

 

手入れが楽

基本的にガラス素材やシリコン素材のマットは何度もはがして水洗いをすると粘着性が落ちてしまうとのこと・・・

とはいえ、料理には汚れはつきもの、お手入れはどうしたらいいのか・・・と思われるかもしれませんが、

汚れが付着してもさっと水拭きで難なく汚れを落とすことができます

 

また、始めのうちは頻繁にマットをはがして下の汚れの付着具合を気にしていましたが、密閉性が強いせいか、マット下に汚れが入り込むことはなく、汚れていることはなかったため、洗うというよりは、マットは貼りっぱなしにして、水拭きをするという手入れで済むようになりました

マットなしの頃は、料理後に付着してしまった汚れをいちいちゴシゴシこすっていたので、それに比べると本当に楽になりました

 

 

 

ほこりがつく

f:id:riaanehiriaotouto:20200208152410j:plain

これはシリコンマット特有の特徴と言えますが、ほこりが付着しやすいです

実は、購入の時に一番この点を心配していたのですが・・・^^;

まぁ、御覧の通り・・・

ただし、一度使い始めてしまえば、キッチンという布物の少ない環境のせいなのか、使うと気にならなくなってしまう物なのか、特に「ほこりがくっついてて気になる!!」と感じたことはありません

まぁ、よく見ればくっついてる・・・くらいの感じでしょうか

 

 

 

揚げ物はできない

マットの注意事項にも、『火災の恐れがあるため、揚げ物は禁止』という注意書きがあったのですが、実験のため、一度だけ揚げ物をしてみると・・・

 

「正確な温度が測定でいないため、ヒーターを止めます」となってしまい、揚げ物自体をすることができませんでした

 

火災の恐れがあるのは、マット限らず、キッチンペーパーも然りなので、

あげものの際には、汚れるのはあきらめて、安全第一で調理をするのが一番かな、と感じています

 

 

 

購入してみて感じること

マットを購入するか、しないか、どの素材の物にするか、とかなり悩みましたが、

実際に購入してみて、もっと早く購入すればよかったな、と思います

汚れない、というのはやはり何よりのメリットですし、手入れが非常に楽になったこと、見た目がすっきりとしたことなど、自分にとっては満足できる面がとても多いです

 

IHマットの購入を考えている方は、それぞれの素材の違いを理解したうえで、

ご自分に合う物をご購入されるといいかな、と思います

 

 

 

リア・非リアきょうだいについて

 

www.riahiriakyodai.com