IH 焦げ防止 【おすすめのマットの種類はコレ!】あなたにピッタリのマットが見つかる! 

f:id:riaanehiriaotouto:20201112235811j:plain

 

IHマットってどれを選べばいいの?

IHマットは次の3種類から選ぶと安全です!

  1. ガラス製
  2. シリコン製
  3. ガラス繊維

 ※クリックすると詳細まで飛びます。

 

 

安全なのはこの3種類!

 

ガラス製、シリコン製、ガラス繊維製の3種類がおすすめなのには、科学的実験に基づく根拠があります。

 

f:id:riaanehiriaotouto:20201112124219j:plain

国民生活センターが行った、マット9銘柄を使った油の加熱テストを実施したところ、材質にマイカ(雲母)を採用した3製品にでは、油が発火することが確認されました。

一方で、ガラス製シリコン製ガラス繊維を採用したマットでは、発火は発生しませんでした。

 IHマットの火災実験 

 

マットを選ぶときには、火災危険性のリスクの低い、この3種類の材質の物から選ぶようにしましょう

IHマットを選ぶ際には、まず何よりも、安全が第一! 

 

 そもそもIHマットって必要なの?という方はまずこちらの記事をチェック!

 

 

 

あなたにピッタリなのはこのマット!

 

種類ごとにこんな方におすすめです! 

ガラス製マット

 

 

何度も買い替えず長く使いたい

高温調理にも使えるものがいい

見た目のおしゃれなものがいい

丸洗いできるものがいい

 

シリコン製マット

 

 

鍋が滑りにくいものがいい

扱いの楽なものがいい

 

ガラス繊維製マット

 

 

安いものがいい

定期的に買い替えてデザインを楽しみたい
(耐久性の問題により、数カ月おきに買い替えになります)

 

【ガラス製マット】ってどんなマット?

 

ガラス製の物は、3種類の中で一番値段が高いマットです。その分、一番耐久性があり高温調理も可能食洗器も使用可能と扱いやすく、割れないように気を付けて使えば、一番コスパがよく、便利なマットです。

他の食器と同じように扱えば問題なし!

【メリット】

 

〇耐久性が高く一番長く使える

〇最も高温調理に耐えられる

〇汚れたら丸洗いできる

〇見た目がおしゃれ

【デメリット】

 

〇値段が高い

〇滑りやすい
(滑り止めカバーがあれば滑りません)

〇落とすと割れる可能性がある

 

\一番おすすめはコレ!/

 

 

【シリコン製マット】ってどんなマット?

 

シリコン製の物は、3種類の中では、扱いやすさがメリット。マットが滑り止めの役割も果たしてくれるため、鍋をしっかりと固定して使うことが出来ます。汚れたら水洗いができるのもポイント。

f:id:riaanehiriaotouto:20200418223146j:plain

 白いタイプは一度汚れると色がつきやすいので、黒や色の濃いものがおすすめ。

ベタつきやほこりが気になる方は、別の種類がおすすめ。

【メリット】

 

〇鍋が滑らない

〇比較的値段が安い

〇汚れたら丸洗いできる

【デメリット】

 

〇ほこりがつきやすい

〇色によっては鍋跡がつく
(白は汚れやすい)

〇ある程度の期間で買い替えの必要がある

 

\一番おすすめはコレ!/

 

 

 

 

 

【ガラス繊維製マット】ってどんなマット?

 

f:id:riaanehiriaotouto:20201112164135j:plain

ガラス繊維製の物は、3種類の中で1番安く購入することのできるマット。ガラス繊維という名前ではありますが、ガラス製ではなく、薄いシートの様なものです。中には水洗いのできないものもあるので、購入前に必ずチェックしましょう。

一番デザインが豊富なタイプなので、カラーや柄を選ぶのも楽しいですね。

短期間でとりかえOK! 安いものがいい!という方におすすめです。

【メリット】

 

〇値段が安い

〇厚みがないので段差なく使える

〇カラーやデザインが豊富

【デメリット】

 

〇一番劣化しやすい
(定期的に買い替えの必要がある)

〇鍋が滑りやすい

〇物によってはなべ底について剥がれる

 

\一番おすすめはコレ!/

 

最近はIH対応鍋も種類が豊富!ぜひ一緒にチェックしてみましょう。