おすすめチャイルドシート 徹底比較! まさかの便利機能とは!??

 

f:id:riaanehiriaotouto:20200201132430j:plain

 

 

どうも、リア姉です^^ 

f:id:riaanehiriaotouto:20191028001129j:plain

 

皆さんドライブは好きですか?

お子さんのいる家庭では、どうしても車が必要になることって多いですよね

人数が増えるほど荷物も多くなりますし、自由な時間に移動できるのも本当に楽!

子供がいると、どうしても時間通りにいかないことって多いですものね^^;

 

子供が車に乗る時に絶対に必要になるのが・・・

 

チャイルドシート!!

 

というわけで、今回はチャイルドシートについて書いていきたいと思います

 

 

 



チャイルドシートについての法律

道路交通法では、6歳未満の子供を乗車させる際には、チャイルドシートを使用することが義務付けられています。もちろんそれは生まれたばかりの乳児の場合も同様

そのため、出産後、産院から車でご自宅に戻られる予定の方は、チャイルドシートを事前に購入しておくことをおすすめします

 

道路交通法七十一条の三

 自動車の運転者は、幼児用補助装置(幼児を乗車させる際座席ベルトに代わる機能を果たさせるため座席に固定して用いる補助装置であつて、道路運送車両法第三章及びこれに基づく命令の規定に適合し、かつ、幼児の発育の程度に応じた形状を有するものをいう。以下この項において同じ。)を使用しない幼児を乗車させて自動車を運転してはならない。ただし、疾病のため幼児用補助装置を使用させることが療養上適当でない幼児を乗車させるとき、その他政令で定めるやむを得ない理由があるときは、この限りでない

 

使用義務を怠って警察の取り締まりを受けてしまった場合には、『幼児用補助装置使用義務違反』で、違反点数1点の罰則が科されます。

罰金や懲役などの刑事罰はなく、違反点数のみの罰則ですが、何より、お子さんの命を守るために、チャイルドシートは必ず設置しておく必要があります

 

 

 

 子供の交通事故による死亡事故の7割はチャイルドシートの不使用!

ついつい抱っこしているから大丈夫かな?ちょっとの距離だから大丈夫、なんて思ってしまいがちですが、お子さんの命を守るためには、やはり何よりもチャイルドシートを使用することが大切です

www.asahi.com

 

 

 

 チャイルドシートの種類

チャイルドシートの種類は大きく分けて以下の3つです

 

ベビーシート   0~1歳頃まで   (70cm以下・10kg以下)

チャイルドシート 1歳~4歳頃まで   (100cm以下9〜18kg)

ジュニアシート  4歳~10歳頃まで    (140cm以下15kg〜36kg)

 

ベビーシート

ベビーシートは、生まれてすぐの新生児から使用できるチャイルドシートの一種
乳幼児を寝かせた状態で車に乗せることができるという特徴があります
また、ベビーシートでは車の衝突時に赤ちゃんの首に負担がかからないよう、進行方向とは逆向きの、後部座席向きに設置するようになっています

 

チャイルドシート

チャイルドシートは、その多くが0~4歳の乳幼児期に利用できるものを指します
ただし、ベビーシートと違って、幅広い年齢を対象としているため、ベビーシートに比べて、新生児を包み込むクッション性では劣る部分もあります
また設置の向きは、進行方向と同じ前向きに設置します(物によっては後ろ向きに設置できるものもある)

 

ジュニアシート

こちらは頭を守るクッションなどがなく、座面の高さを調節するだけのものも多いですクッションなどがあったとしても、ベビーシートや、チャイルドシートのように包み込むタイプのものではなく、あくまで座椅子にクッションが付いているような形です
設置向きはチャイルドシート同様、前向きになります

 

実は、最近では、ベビーシートとチャイルドシート または チャイルドシートとジュニアシートの兼用という形で販売されているものがほとんどです
また、中には0歳から11歳まで使えるものまで出ており、チャイルドシートのあり方は多岐に渡っています

 

 

 

 

チャイルドシートを選ぶポイントは?

 

種類も数も数も豊富なチャイルドシート・・・

一体どんなものを選んでいいのか悩んでしまいますよね・・・^^;

 

とはいえ、費用面、安全性、機能、対象年齢など、どれを一番重視して購入すべきかには、正解はありません

それぞれの車の使用頻度や、ライフスタイル、お子さんによって、ご自身の納得いくものを選んでいただくことが、正解なのではないかと思います

 

そこで今回は、コスパ、安全面、機能など、いくつかのポイントごとに、おすすめチャイルドシートを紹介していきたいと思います

安いのがいい!便利な機能が付いている物がいい!など、皆さんそれぞれ、購入の際のポイントがあると思いますので、少しでも購入の際のヒントになれば幸いです 

 

 

 

 

コスパ重視の人におすすめ

 

[rakuten:enetroom:10170450:detail]

 

対象年齢:0歳~4歳頃
対象体重:出生~18kg
サイズ:W46cm×D46cm×H65cm
商品重量:約6.7kg

 こちらは、1万円を切る低価格にも関わらず、国土交通省公認 EU安全規格 安全基準 ECE-R44に合格したチャイルドシート
ベビーチートとチャイルドシートが兼用のタイプで、0~4歳頃まで使用することができます

 

メリット

安全設計で安心

カバーの洗濯ができる

シートは長く乗れるゆったりワイド設計

前向きと後ろ向き両方の取り付けが可能

取り付けグループごとに色のついた目印がついているので、設置が楽

クッション性がいい

 

デメリット

リクライニング角度が45°ぐらいで思ったより倒れない

 

 

対象年齢:0歳~4歳頃
対象体重:出生~18kg
サイズ:W420×D615×H500mm
商品重量:約4.4kg

 こちらはAmazon限定ブランド商品

コンパクトさ、軽さが嬉しい商品で、軽自動車などコンパクトな車をお使いの方におすすめです
こちらもベビーシートとチャイルドシートが兼用で、0~4歳頃まで使用できます

 

メリット

軽い

コンパクトで軽自動車でも邪魔にならない

前向きと後ろ向きの取り付けが可能

インナークッションの洗濯が可能

 

デメリット

説明書が小さくて見にくい(はがきの半分位のサイズとのこと)

 

 対象年齢:チャイルドモード/1才頃~4才頃まで
                 ジュニアモード/3才頃~6才頃まで
                 ブースターモード/3才頃~10才頃まで

対象体重:チャイルドモード9~18kg以下
                ジュニアモード/15~25kg以下
                ブースターモード/15~36kg以下

サイズ:W450×D370×H810mm
商品重量:約3,8kg

こちらは1歳から12歳まで使えるというロングスパンが嬉しい商品!

また商品重量もなんと3、8kgと軽量なので、車2台で付け替えて使用したい場合などにもおすすめです

 

 メリット

ロングスパンで使える

軽い

取り付けが簡単

通気性がいい

 

デメリット
ベルトの調整は一度シートを分離してからでないとできない

  

対象年齢:3~11歳
対象体重:15~36kg
サイズ:W435×D360×H170mm
商品重量:約862g

 

ちなみに西松屋では一番安いものでも1436円、赤ちゃん本舗は1800円なので

ジュニアシートは楽天かアマゾンがお得!ただし、送料が790円なので、近くに店舗がある人は店舗での購入が一番安く済みますね^^

 

 メリット

安い

値段の割に使いやすい

軽い

 

デメリット

 値段の高い他のものと比べるとクッションに厚みがない

 

 

 

 

 

人気のものから買いたい人におすすめ

楽天、アマゾンの売れ行きランキングを参考にしています)

対象年齢:0~4歳
対象体重:~18kg
サイズ:W450×D530×H615mm
商品重量:約4,3kg

 
チャイルドシートアセスメント乳児モード最高評価「優」を獲得し、安全面でも高評価のチャイルドシート
側面衝突の刺激を和らげるサイドガードや、乳児でもしっかりと固定できるベルトなど、とにかく安全面に定評のあるチャイルドシートです

 

メリット
とにかく安全

コスパがいい

装着が簡単

 

デメリット

リクライニング機能がない(角度を変えるには付け替えが必要)

 

対象年齢:0~7歳頃
対象体重:チャイルドモード9~18kg以下
                ジュニアモード/15~25kg以下
                ブースターモード/15~36kg以下

サイズ:W490×D530×H620
商品重量:約8,3kg


伸び~るヘッドレストという機能がついており、成長に合わせてヘッド部分の高さを伸ばして、使うことができます
ほとんどのチャイルドシートは肩ベルトを調節するときに一度取り外して直さなければならないのですが、その手間がないのはとても嬉しいですね

 

メリット

ベビーモード、ジュニアモードと、年齢に応じて形をかることができる

肩ベルトの5段階調節ができ、7歳までのロングスパンで使える

肩ベルトを外さずに調節ができる

 

デメリット

頭部分のクッション以外は洗濯ができない

本体が重い

 

LEAMAN ジュニアシート リーマンジュニアEX ブラック 73209

LEAMAN ジュニアシート リーマンジュニアEX ブラック 73209

  • 発売日: 2011/11/28
  • メディア: Baby Product
 

対象年齢:3~12歳頃
対象体重:~36kg

サイズ:W420×D350×H210
商品重量:約8,3kg

 

メリット

クッション性がいい

丸洗いができる

安全性が高い

 

 

デメリット

背もたれがないため、3歳など、低年齢のお子さんだと、眠ってしまった時に不便

 

 

 

対象年齢:1~11歳頃
対象体重:9~36kg
サイズ:W440×D460×H670
商品重量:約3,8kg


成長とともに、肩ベルト有り、肩ベルト無し、座面のみとパーツを取り外してロングスパンで使うことのできる商品です

ヘッドレストが8段階調整になっているので、幅広いお子さんの身長に合わせて使うことができます

 

メリット

ロングスパンで使うことができる

ヘッドレストの調節で幅広い慎重に適応可能

軽い

安い

丸洗いできる

 

 

デメリット

ベビーシートのような包み込むようなクッション性はない

 

 

 

 

 

 

首の座らない頃から、安全に使いたい人におすすめ

 

乳児をのせるのに嬉しい特徴

●サンシェード付き・99パーセントのUVカット有り

肌の敏感な赤ちゃんや、車でお昼寝してしまった時など、紫外線が気になりますよね・・・

●ワンタッチで360度回転することができる

狭い車内や、あまり車のドアが広く開けられない時でも、向きを変えればチャイルドシートから降ろしやすいですね

●独自の衝撃吸収素材エッグ素材によるクッション

エッグショックと言われる振動や衝撃を抑える独自のクッションが使われており、かなり振動や衝撃が軽減されるこちらから動画も見られます

https://www.youtube.com/watch?v=-VmMStcuW1I

●前向きでも後ろ向きでもリクライニング可能

 ●洗濯機での丸洗いOK

 

公式サイトはこちら

https://www.combi.co.jp/products/carseat/culmove_isofix_pj/

 

車の振動や衝撃が気になる方におすすめのチャイルドシートです

 

 

 乳児をのせるのに嬉しい特徴

●大きめサンシェード

●ベビーモード1段階、チャイルドモード3段階のリクライニングが可能

 

見た目がおしゃれな上に、コンパクトで軽量と、ママひとりでも設置や取り外しがしやすいので、お洒落でアクティブにお出かけしたい人におすすめです

 

 乳児をのせるのに嬉しい特徴

●サンシェード付き

●コンビ史上最小サイズ

ママひろびろ、赤ちゃんのびのびのコンセプト通り、コンパクトなのに、成長に合わせてヘッド部分を調節することができます

●ワンタッチでリクライニング可能

●360度回転可能

●ふわふわクッションで赤ちゃんを包み込み、快適、安全設計

●赤ちゃんの汗を吸収する1秒タオル素材使用

●洗濯機丸洗い可能

 

公式サイトはこちら

https://www.combi.co.jp/products/carseat/culmovesmart_isofix/

 

たまひよあかちゃんグッズ対象を6年連続で受賞している、ママ、パパのニーズに応えたチャイルドシートです

 

 

乳児をのせるのに嬉しい特徴

●レバーを引くだけでリクライニング可能

●クラス最大級のリクライニング角度120度が可能

●wサポートクッションで衝撃や振動から優しく支える

●長時間座っても疲れにくいフルコンフォートクッション使用

ご実家が遠方の方など、長時間車に乗車する予定のある場合には、嬉しい機能ですね

●丸洗いが可能

 

公式サイトはこちら

https://ailebebe.jp/products/swing_moon_premium_s.html

 

乳児から乗せたいけど、なるべく大きくなってからも使用したいという人にはこちらがおすすめ
120度のリクライニングが可能なので、車で眠ってしまうことが多いお子さんにとっては寝やすい体制を取ることが出来て安心ですね

 

 

 

 

 

長く使いたい人におすすめ

 対象年齢 0~7歳

ある程度大きくなったらコンパクトに背もたれなしのジュニアシートにしたいならこちらがおすすめ

 

 

対象年齢 0~12歳

チャイルドシート1つで、ずっと使いたい人におすすめのチャイルドシート

  

 

 

驚きの機能付き

 こちらのチャイルドシートは、なんとチャイルドシート、ロッキングチェア、普段遣いのローチェア、キャリー、ベビーカーの5wayで使うことが出来るという、驚きのチャイルドシート!!

f:id:riaanehiriaotouto:20200419212915j:plain

 

重量は2,6kgとかなり軽量で、持ち運びは楽々!

さらに、成長とともに、インファントカーシートをチャイルド&ジュニアシートに買い換えることで、11歳までというロングスパンで使用することができます 

 公式サイトからぜひ使い方をチェック!!

https://www.aprica.jp/products/babycar/smooove/

 

 

 

 

チャイルドシート試用期間 全体を見通して選ぶチャイルドシート 

コストの安い買い方

安く済む買い方はコスパのいい0~4歳くらいまでのベビーシートを購入し、その後は背もたれなしのジュニアシートを使用する組み合わせ

これによって、トータルで1万円前後で収まります

 

安全面に安心のある買い方

安全面にこだわるのならば、上でも紹介したアマゾン限定シートと、ブースターシートを合わせるなどの組み合わせが、おすすめです 

 

便利な使い方のできる買い方

乳児期にはアップリカを使用し、成長とともに、joie バリアントに切り替えていくのがおすすめ

赤ちゃんのうちは、チャイルドシートごとベビーカーに移動したり、チェアとしても使うことができ、大きくなったら、その成長に合わせて肩ベルト位置を、いちいち取り外さずに調節することができるので、非常に便利です

 

 

 

 

 

あると便利なカーグッズ

サンシェード

 

チャイルドシート専用のもので、別売りのあるものもあるので、要チェック!

 

ベビーミラー

運転中、後部座席の子供の様子が気になってしまうこと、ありますよね

でも、運転中に後ろを見るのは危険・・・そんな時に役立つのがベビーミラー

これがあれば、運転しながら、後ろを向くことなく、安全にお子さんの様子を確認することができますね

 

 こぼしてOK防水シート

 

いかがでしたでしょうか?お子さんの命を守るチャイルドシート

みなさんの、チャイルドシート購入の際に少しでもご参考になれば幸いです^^

 

/*Lazyroad用はじめ*/ /*Lazyroad用終わり*/ /*Lazyroad*/