【ラッピング 有料化!?】プレゼントのラッピングはどうしたらいいの!?

f:id:riaanehiriaotouto:20200216021950j:plain

 

2020年7月から、レジ袋の有料化が決定したのに伴い、最近ではラッピングをしてもらえない店舗も増えてきています。

 

プレゼントのラッピング、いったいどうしたらいいの!?

こちらの記事では、今後のラッピングについて書いていきます。

 

贈り物を探している方は、ぜひこちらもチェック!

 

 

 

 

店舗のラッピングは簡易化されていく!?

数年前から、徐々に店舗のラッピングは簡易化されてきました。以前は、包装紙でくるまれ、リボンがつけられて、さらに丁寧に袋にまで入れてもらえたプレゼント包装。ところがここ数年、袋に入れて、ワイヤータイで袋の口を絞るだけの簡単なラッピングに変える店舗が急増してきていました。

さらに、2020年7月に開始された、レジ袋有料化の流れにより、今後さらにラッピングも簡易化されていくことが予想されます。

 

 

 

今後のラッピングはどうする?

f:id:riaanehiriaotouto:20200215233158j:plain

 

プレゼントが包装なしなんて味気ない・・・。今後のラッピング、どうしていけばいいの?

お店以外でも、おしゃれで可愛いラッピングをすることができますよ!早速ご紹介していきます。

 

【ラッピングショップ】ランキング

ロフトなどの大型生活雑貨店をはじめ、文房具店や雑貨屋などでもラッピングアイテムを扱っている店舗がありますが・・・。ネットの方が種類も数も豊富!

 

ラッピングアイテムのwebショップランキングはコレ!

 

【1位】イロハ堂

 

オシャレでかわいいアイテムが厳選されたイロハ堂!華やかなラッピングは、見ているだけで幸せになりますね。周りに差をつけたいなら、ここで決まり!

まるで絵画の様な包装紙
 
一気におしゃれさの増すカードオーナメント
 

 ラッピングの仕上げや手紙にも使えるフレークシール

 

 

【2位】モノココロ

雑貨屋さんやケーキ屋さんにもラッピングアイテムを販売しているwebショップです。タグやミニタイも販売しています。上手に使えば、まるでお店の様なラッピングに!

f:id:riaanehiriaotouto:20200909132321j:plain

 

 

【3位】シモジマラッピング倶楽部

f:id:riaanehiriaotouto:20200909132429j:plain

数と種類の豊富で選ぶなら断然ここ!ラッピングアイテムはもちろん、パーティーアイテムも各種取り揃えています。記念日やパーティーの準備なら、ここで全てがそろっちゃう!

   

100均もいいけど、特別なプレゼントは、やっぱりちゃんとした包装がいいよね!

 

 

自分でできる簡単ラッピング方法

ラッピングの仕方が知りたい!という方にはこちらがおすすめ。動画で包み方が説明されているので、ラッピングの苦手な方にもわかりやすいです。

 

kinarino.jp

色々なラッピングの仕方が紹介されています! 

 

 

 

購入店舗で包装も購入する

店舗でも、ラッピング用の袋を販売しているところもあります。例えば、大手おもちゃメーカートイザらスの有料ラッピング袋はこちら。

(価格:349円)

 ただし、店舗で購入できるラッピングはシンプルなものが多いので、おしゃれなものがいい、リボンやオーナメントにもこだわりたい、という人はラッピング専門店で購入することをお勧めします。

 

 

 

ネットで包装まで頼む

 

プレゼントをネットで注文する場合には、ラッピングがセットでついている場合もあります。最近のwebショップで、付属のラッピング袋を用意してくれているところも 増えてきました。中には50円台でラッピングセットがつけられるなんてところも。オンラインでプレゼントを購入する際には、一緒にチェックしてみるといいですね。

\プレゼントを探す/

 

 

 

どうしてラッピングがなくなってしまうの?

 

どうしてラッピングを有料化、簡易化するお店が増えているの?

環境問題と、レジ袋有料化の問題が大きく関係しています。

 

地球のごみ問題ついては、何年も前から問題視されており、その対策の一環として、レジ袋の使用を減らす取り組みが始められました。この『ゴミを減らそう!』というエコ資源対策が、店舗のラッピングにも大きな影響を及ぼしています。

 

f:id:riaanehiriaotouto:20200909132124j:plain

2020年7月から、レジ袋の有料義務化が決定され、各店舗でもレジ袋が2円~5円ほどで販売されるようになりました。この法の改正により有料化の対象となったのは、持ち手付きのビニール素材のレジ袋だけです。持ち手なしの薄いビニールや紙袋は未だに無料での配布を許可されています。にも拘わらず、店舗でのラッピングサービスが減少傾向にあるのには、社会が『エコ思考化』しているためと言えるでしょう。

 

f:id:riaanehiriaotouto:20200909131913j:plain

 

『レジ袋が有料なのにこの店ではラッピングでプラスチックの袋を使っている。ごみ問題について軽視しているのではないか』『ラッピング袋は無料なのはどうしてレジ袋には有料なの?』などといった顧客の混乱や批判を避けるために、ラッピングを削減しているところが多いのが現状です。

 

今はまだレジ袋だけの有料化。しかし、今後ラッピングやその他のビニール袋がいつ対象になってもおかしくはありません。今後はラッピングそのものが、プレゼントと同様、心と時間とお金をかけていくものになっていくのかもしれませんね。

 

これからの時代はエコバッグが必須!おすすめのエコバッグはこちらからチェック!

 

/*Lazyroad用はじめ*/ /*Lazyroad用終わり*/ /*Lazyroad*/