文字を絵にすることで 学習効果が4倍もアップ!?

スポンサーリンク

どうもリア姉です^^

 

先日子ども達と遊んでいた時のこと・・・

上の子(5歳)が突然

 

上の子「ねぇ~ママー、コナン君描きたぁい!」

 

と言い始めました

 

リア姉「コナン君・・・!?( ̄ω ̄;)!! 難しそうだなぁ・・・」

上の子「一緒に描こうよ!」

リア姉「う~ん・・・描けるかなぁ・・・どれどれ」

 

というわけで、パソコンで画像を見ながら書いた絵が、こちら

 

 

 

f:id:riaanehiriaotouto:20191126035252j:plain

リア姉画

 

 

 

f:id:riaanehiriaotouto:20191126035300j:plain

上の子画

 

 

 

f:id:riaanehiriaotouto:20191126100452j:plain




ちびちゃん(下の子1歳)画  リア姉と一緒に描きました

 

 

 

 

おぉ! みんな結構いい感じじゃないの!! (^▽^)

 

リア姉「これさ、コナン君ってもしかして、頭の角(跳ねてる髪の毛)とメガネがあればコナン君になるんじゃない!?」

上の子「ママいいこと気が付いたね! じゃあ今度は見ないで描いてみようよ!」

リア姉「いいね!やってみよう!」

 

先ほど描いた絵が結構いいかんじだったこともあり、

1度練習しているという自信もあり、意気揚々と描き始めた私と上の子

 

で、出来上がったのがこちら

 

 

 

 

 

 

f:id:riaanehiriaotouto:20191126035308j:plain

 

上の子「・・・。」

リア姉「・・・。」

 

なぜだ!!? Σ(⁻□⁻lll)

これは・・・

 

 

 

 

 

f:id:riaanehiriaotouto:20191126035311j:plain

 

あぁ、ちびちゃん!! ^▽^;

 

それを言っちゃあ、おしまいよ!! ・・・orz

 

 

絵にすることで覚えやすくなる

 

カナダで行われた研究で、物事を覚えるときには、その対象物の絵を描くことが効果的だという研究があります。

例えば、トラック、梨、犬、といったいくつかの単語が書かれたカードを見せます

そのカードを記憶するときに、短時間で絵をあがかせた場合と、単語を複数回書かせた場合では、前者の方が圧倒的に単語の記憶が可能であったそうです

 

そもそも、文字、というものは人間だけが持つ特有のコミュニケーションツールです

文字が、記憶される場合には、まず文字の内容の理解がなされ、その内容のイメージを脳内で構成、その後そのイメージが記憶されていきます

しかし、情景や絵の様なものは、パッと視覚に飛び込んできたそのイメージそのものが記憶として残されていきますので、文字よりも直接的に記憶につながっていきやすいのです

 

また、この研究では、絵と記憶の関係は絵の上手い下手には関係がなく、どの年齢においても効果があったとのこと

 

さらに、別の研究では、口頭説明よりも絵や写真などの視覚的効果をプラスで用いた方が、理解がなされやすく、また、長期的に記憶に残りやすいこともわかっています

絵にすることでの学習効果は、なんと、視覚的効果を用いないときの、4倍にも跳ね上がるそうですよ ∑(゜д゜υ)

 

よく授業中ノートの端っこに、落書きをすると叱られるイメージがありますが^▽^;

実は絵を描かせながら、覚えさせる方が、より効果的に学習できるのですね!

また、この絵を描いて記憶に残す、という方法は認知症の改善や予防にも効果があるそうですよ

 

 

こちらの記事もよく読まれています