子どもの朝の支度をスムーズにするアイディア5選!!

スポンサーリンク

f:id:riaanehiriaotouto:20200425010508j:plain


いつも朝の支度がドタバタになってしまう我が家・・・

 

 

f:id:riaanehiriaotouto:20200422151818j:plain

 

 

でも、たまぁに、すごく早く、上の子(5歳)の支度が終わるときがあります^^

f:id:riaanehiriaotouto:20200422151814j:plain

 

 

しかし・・・

 

 

f:id:riaanehiriaotouto:20200422151811j:plain

 

早く終わったら終わったで、待っていられないのが子ども・・・

焦って準備をして、いざ、出発! 

しようとすると・・・

 

 

 

f:id:riaanehiriaotouto:20200422151808j:plain
 

結局こうなる^▽^;

 

早けりゃ早いで、余裕のある時間で遊んでしまうので、

結局出がけはドタバタ・・・ww

 

まぁ、用意ができてないよりはいいか^^;

 

 


子どものいる朝って本当にドタバタですよね^□^:

起きるのに時間がかかり、食事に時間がかかり・・・

支度をしているかと思えばパンツのまま遊んでいたり・・・orz

何か少しでも子どもが朝の支度をスムーズにしてくれる方法はないものか・・・

 

そこで今回は

 

子どもの朝の支度をスムーズにするアイディア5選!!

 

 

①実況中継

「時計の針が5まで」のように、活動事にわかりやすく時間を伝え、時間が近づいてきたら、

「おっと~!!あと3分だ!〇〇選手!ご飯はすでに終わっている!!あとは味噌汁だけだぁ!!まにあうか~?!」

みたいな感じになるべく叱らない方向で、自発的に時間を気にして頑張ってもらう(叱ってすねるとその後の準備が滞るので、面倒ですが、なるべくやる気を持てる方法で声掛けします^^;)

 

こういう、残り時間が目でわかるタイマーを使っても、子どもにはわかりやすいですね^^残り時間の赤が時間とともに減っていくので、まだ時計の読めないお子さんでも、時間の感覚を身に着けることができます 

 

 

②マグネットボード

f:id:riaanehiriaotouto:20200420004730j:plain

やることをマグネット形式にして、やることができるたびにマグネットを貼ってきます。ゲーム感覚で楽しめるし、視覚的にも、後何をしなければならないのかがわかりやすいので、子どもが楽しく朝の支度をしてくれます。ただし、ずっとこの方法でうまくいくわけではありません。というのも、しばらくつづけていると、これが日常化し、飽きてくるので、遊び感覚では楽しんでくれなくなってきます^^;

少し大きいお子さんなら、うまく活用すれば習慣化していいのかな、と思いますが、我が家の上の子(5歳)に4歳の時に試したときには、2週間ほどで飽きてしまい、マグネットを貼らずに別の遊びを初めてしまい、結局支度が間に合わない・・・という感じでした。ただし、一時だけでも叱らずに済む朝があるのは嬉しいもの^^

最近支度が遅くて叱ってばかり・・・なんて時にはぜひ一度お試しあれ♪

 

市販の物もあります

こちらの物なら、小学生になった時にも使えて便利ですね^^

 リンク

 

 

③シールでご褒美

上のマグネットボード作戦に飽きてしまい、次にやったのがシールでご褒美大作戦!!

朝の活動のポイントごと、例えば、朝食は何分まで、着替えは何分まで、といくつかのポイントを設け、それに間に合ったら、シールカードにシールを貼っていける、という物。シールとカードは100均の物を使いました。

f:id:riaanehiriaotouto:20200420004612j:plain

 

我が家にはラミネーターがあるのですが

 

「全部シールが集まったら、ラミネートしてカッコいいカードにしてあげるね!」

というと大喜び!大人ももちろんそうですが、子どもはラミネート加工が大好き!加工するだけで、ちょっと特別なカードになります*^^*こちらはカード欲しさに結構頑張っていました。もちろん毎日頑張れるわけではありませんでしたが、一か月くらいは自分で時計を気にして頑張っていました

もらってからも嬉しそうに周りの人に見せていた息子、金メダルのような感覚なのでしょうね♪

 

 

④ぬいぐるみに見ていてもらう

子どもの好きなぬいぐるみを用意して、

「今日は〇〇ちゃんが見に来てくれています」

「がんばれ~!! あと10分だぁ!!」

とおままごとのように、ぬいぐるみになりきって応援したりすると

なぜか頑張れる子どもの神秘・・・⁻▽⁻;

子どもは、自分の頑張りを認めてもらいたい、見ていてほしい!という欲求が強いので、だれか見ていて、応援知ってくれる人がいるだけでうれしいのです

でも、忙しい朝、ずっと子どもの支度を見ているわけにはいかない、大人には大人のやることが山ほどありますよね^^;

そんなときには、自分の代わりに見ていてくれる人を作るのも効果的かも!

 

 

⑤10分早起きして絵本を1冊読む

大人もそうですが、子どもは何か楽しみがあれば頑張れるもの!

でも、支度が終わったら、遊んでいいよ、とすると、その遊びがエンドレスに続いてしまい、行く時間になっても、

「え~まだ遊ぶ~!!」

となってしまいます^^;しかし、絵本なら、1冊終わればそこで一区切りができますし、読むペースもこちらで調節することができます。

時間がないときは少し早口で、まだ早すぎる・・・なんて時には一緒に挿絵をじっくり見つつ読めば、ちょうどいい時間に調節できて便利!

前日に子どもに好きな絵本を決めておいてもらえば、今日はこれを読もう!

と、楽しみに頑張ってくれます^^

朝絵本を読んでる余裕がない!って方は、朝のテレビと連動して、何分までに終わったらテレビOK!〇〇の番組がおわったら出発!

という風にすれば、テレビが時計代わりにもなっていいですね^^

 

 

まとめ

どの方法が一番いい!という物はなく、どれも飽きてしまえばうまくいかなくなるし、子どもにあう方法であっても、毎日うまくいくわけではなく、準備がぎりぎりになったり、いつまでも遊んでしまうこともしばしばです^^;

 

どうしていつも間に合わないんだろう! いつも言っているのに! とつい思ってしまいがちですが(私も本当によく思います・・・⁻-⁻)

いっそ間に合ったら儲けもん、うまくいったらすごい日! くらいにとらえるようにしたことで少し自分が楽になりました^^;

 

基本朝はドタバタするもの、子どもは準備に間に合わないもの・・・。

だけど、こちらが何か工夫することで、たまには楽しく準備をしてくれたら、

一時でも、子どもも楽しく、こちらも楽して過ごせるきがします^^

 

皆さん、朝のお仕度お疲れ様!

今日も一日頑張りましょ~!!