子どもがぐっすり眠ってくれる遊び5選!! 

スポンサーリンク

f:id:riaanehiriaotouto:20191120051224j:plain


どうも、リア姉です^^

我が家には、上の子(5歳)と、ちびちゃん(下の子1歳)の二人の子供がいます

 

以前にこちらの記事でも書きましたが

子ども達と過ごす時間は本当に幸せです

 

www.riahiriakyodai.com

 

 

・・・がしかし!!

最近困っていることが・・・

それは・・・

 

 

 

 

自分の体力が追い付かない!! ^▽^;

休日になると、午前2時間、午後3時間の外遊び & 間に家事やら、子ども達の御飯やら・・・

 

午前午後フルで「よ~いドン! 待て待て~♪」

なんてやった日にゃ・・・

やばいっす・・・orz

 

ちっちゃな体におっきなパワーの子ども達・・・

このパワーをなんかうまく発散させる方法はないものか・・・( ̄ー ̄;

 

そこで、調べてみました

 

カロリー消費量の多い遊び5選!!

 

一緒に遊べばダイエット! 

そばで見守りつつ楽しく声掛けすれば、子ども達が有り余る体力を楽しく発散!!

これはもう、やるっきゃない!!

 

①雑巾がけ競争

家事の中でもカロリー消費量が多いといわれている雑巾がけ!

例えば5歳の男の子が10分間雑巾がけをしたら、消費カロリーは20kcal

大人の場合は25kcal!子どもよりちょっと消費量が多い!

競争すればさらに消費カロリーはアップ!

子どもの足腰を鍛えるのにもとってもいい遊び!

疲れるから見守りたい・・・

腰やばいっす・・・

という方は、ストップウォッチと椅子をご用意ください^^

タイムを計って「やった~!新記録~!」とか声をかけてあげれば、一緒にやらなくても盛り上がること間違いなし!

 

②かけっこ

子どもの大好きなかけっこ! 

こちらも10分で30kcalほどの消費量!

さらにこれをスキップにすれば、消費カロリーもさらにアップ!

こちらも一緒に走るのが辛いなら、ストップウォッチを持つ、ひもの片方をどこかに結んで、もう一方を手に持ち、ゴールテープ係になる、などすれば、大人も消耗せずに参加できます^^

 

③散歩

散歩は30分で100kcalの消費!

かけっこや雑巾がけを30分やったら、もう立ち上がれなそうですが・・・^^;

軽い散歩なら30分くらいでも一緒に楽しめそう♪ビニール袋をもって出かけて、ドングリやお花など、素敵なお土産探しをしたり、親子でカメラをもって歩いたら、大人もきっと楽しいですよね♪

子ども用トイカメラについてはこちらの記事をどうぞ♪

 

www.riahiriakyodai.com

 

 

④縄跳び

ジャンプって実はすごく消費カロリーが高い運動なのです!

縄跳び10分間飛び続けると、大人でも60~70kcalを消費します!

実は、縄跳びは体力だけでなく、学力も向上させる運動として注目されています。有酸素運動と、心拍数をあげる運動が、学力を上げる運動のキーポイントだそうですが、縄跳びは、この二つをうまく網羅しているのですね^^

さらに、ダイエットにも効果的な運動としてよく取り上げられておる縄跳び!子ども楽しく遊んで痩せられるなんて、素敵!

疲れるから見守りで・・・という方は、長縄にして、回して手になったり、子どもが飛ぶのを数えてあげるだけでもOK!

 

 

⑤自転車

子どもが自転車に乗れるようになったら、一緒にお買い物がてらサイクリングをするだけだって十分な運動!楽に思える自転車ですが、実は15分乗っているだけで、大人なら45kcal、5歳の子供でも15kcalほど消費します

大人と子供の消費カロリーの差は、主に体重差の問題です

体重が重ければ、重いほど、その体重を乗せて漕ぎ出すのに、カロリーが必要になります

また、広くて安全な公園で、自由に自転車で遊んでもらえば、大人は消耗せずに済みますね^^

 

 

ちなみに100kcalはご飯を茶碗に半分くらい

詳しく知りたい方はこちらをどうぞ^^→ 100キロカロリーの食事量のめやす

 

 まとめ

いかがでしたでしょうか?

調べてみて、結構普通の遊びでも十分カロリーが消費されているんだなぁ、と驚きました^^

他にも、バスケやサッカー等も、カロリー消費量の多い遊びだそうです

 

実は、有酸素運動と、筋トレでは、筋トレの方がカロリー消費量が多いといわれています(同じ時間運動した場合)

ですが、腕立てふせや、腹筋の様な無酸素運動より、小さな子ども達は、かけっこなど、自由に駆け回って遊ぶ、有酸素運動の方が好きですし、楽しかった!すっきりした!と、心が満足する気がします^^(もちろん遊びへの取り入れ方にもよりますが)

 

 

少し話は変わりますが、ある研究によると、男の子の母親との関係良好性は、一緒に遊んだ経験に関係する、という研究結果もあるそうです

また、子どもは遊びから学ぶ、と言われるように、

子どもにとって、遊びは、成長につながる非常に重要なものです

 

とはいえ、子どもの遊びに、ずっと付き合って遊ぶのは本当に大変!

元気いっぱい! 体力の有り余る 男の子なら、なおさら大人の体力が持ちません・・・⁻▽⁻;

 

そんな時は、ずっと一緒に目線を合わせって遊ぶのではなく、一日にちょこっとでも一緒に盛り上がれる体験があればいいのではないかな、と思います

短い時間でも、だれかが本当に楽しそうに一緒に遊んでくれたら、それだけで子どもは十分に満足する気がします^^

 

「やった~新記録だ!!」

「すごいじゃん!できたね!」

「ママも一回だけ本気で走ってみようかな? 競争だぁ!!」

 

なんて感じに

 

ずっと付き合うのは無理!^▽^;

だけど、子どもが楽しそうだと、やっぱり、うれしい!

 

自分の疲れてしまわない程度の参加度で、

子ども達と、毎日ちょっとず、楽しい思い出を積み上げていけたらいいなぁ

そしてお願い・・・夜はぐっすり寝ておくれ・・・⁻▽⁻:

なんて思うリア姉でした・・・w

 

こちらの記事もよく読まれています