くすぐり遊びをすると 能力の高いこどもになる!?

スポンサーリンク

f:id:riaanehiriaotouto:20200216002409j:plain



 

f:id:riaanehiriaotouto:20200215233142j:plain

 

f:id:riaanehiriaotouto:20200215233139j:plain

 

 


どうも、リア姉です^^

 

f:id:riaanehiriaotouto:20191028001129j:plain

子どもがいるとよく、「こちょこちょ~♪」「まてまて~くすぐちゃうぞ~!!」

なんて遊び、よくしますよね!

子どもがキャッキャと笑うので、嬉しくてついやってしまうこの遊び・・・

なんと、実はこの遊びによって

 

子どもの能力が高められているのです!!

 

他にも、育児漫画が気になる方はこちらからどうぞ^^

  

 

 

どうしてくすぐると笑うの?

「くすぐり」いうのは、非常に特殊な感覚です

というのも、これは快と深いの混在する感覚だからです

 

くすぐられた時の子どもの反応を見ていただければ分かるかと思いますが、

子どもをくすぐると、体をよじって必死に逃げようとしますよね。これは脳の神経系が、くすぐられる感覚に回避の命令を出しているためです。にも関わらず、子ども達はキャッキャと笑っている。これは、くすぐられることに対して同時に快の感覚を感じるためなのです

 

 

くすぐりで笑うのは人間だけではなかった!?

くすぐられて笑うのは、なんと人間だけに限られたことではないのです。

チンパンジーはもちろん、最近では、マウスの研究でも、これらの動物たちが、くすぐられると笑うことが検証されています

特にマウスの研究では、マウスはくすぐられているときだけでなく、くすぐろうとするような手の形をするだけでも、くすぐられた時と同じニューロンの働きが見られたそうです

また、くすぐりをやめると、くすぐる手によってきて声をあげ、その手を追いかけて遊ぶ姿も見られたとのこと

まさに、こちょこちょをされた子どもと同じような反応ですね!!

 

 

くすぐりで笑うのは、皮膚感覚だけが理由ではない

上のマウスの実験で、くすぐろうとされるだけでも、快の感情を持っていたことについて書きました。ここからもわかるように、くすぐられて笑うのは、単純に皮膚感覚だけの問題だけでなく、精神的要因によるところも大きいのです

 

例えば、自分で自分のことをくすぐってみてください

はい、全然笑えないですよね^^;これは、脳が、自分の行動をすでに予測しているために、触るという感覚と触られるという感覚を同時に認識してしまい、このためにくすぐったいという感覚に行きつかないのです。一方、他人にくすぐられた時には、触られる感覚が直接脳に届きますので、くすぐったい、と感じることができるのです。

ただし、他人ならだれにくすぐられても笑える、というわけではありません。

サングラスをかけた、明らかに怪しい、こわ~いお兄さんを想像してください。その人が、突然あなたをくすぐってきたら!?

果たして笑えるでしょうか・・・? もはやホラー・・・ww

子どもだったら確実に泣いてしまいますよね・・・^▽^;

いかがでしょう?

くすぐりで笑うことは、皮膚感覚だけが理由ではない、ということ、お判りいただけたでしょうか?

 

つまり、「くすぐられて笑う」という一連の動作が起こるのは、

親しい人とのコミュニケーションだと認識しているため

●くすぐりが遊びであることを理解しているため

という精神的要素が大きくかかわっているのです

 

 

くすぐり遊びをすると 能力の高い子どもになる!?

くすぐることで快の感情を感じると、A10神経系と言われる神経が刺激されます。このA10神経系とは、喜怒哀楽をつかさどる神経で、人間の感情の源となっているものです

さらにこの神経が刺激されることにより、周辺の脳が活性化され、子どもの能力が高まるのです

 

う~んちょっとわかりにくいですね^^;

 

では、わかりやすく、

「くすぐられ」てから「快」を感じるまでの流れを見てみましょう^^

 

 

まずくすぐられることで

→『くすぐられて楽しい』と快の情報として、偏桃体(危険、安全、好き嫌いなどについての役割を担う)が認識

→記憶として海馬(記憶、想起に収容な役割を担う)へ

→快の記憶によりA10神経系(感情の源)が活性化

ドーパミンの働きにより、前頭前野(認知や意思決定を担い、社会的行動を起こすのに欠かせない役割を担う)が刺激

→快の情動行動を起こす(笑う・遊びとしてくすぐりを楽しむ)

 

っとまぁ、くすぐられることで、脳の重要な部位が刺激され、

脳へのトレーニングになっているのです

特に偏桃体の発達が促されることで、危機回避能力が高まると考えられています

 

また、脳への刺激の話とは別になりますが、

親子のスキンシップが取れることで親子の情愛を深め、信頼関係が築かれたり、

愛されていることを子どもが実感することで、自己肯定感を高めてあげることにもつながっていきます

 

何気な~く楽しんでいるくすぐり遊び

う~ん・・・実は奥が深い!! ^皿^

 

あわせて読みたい

三輪車としても、ストライダーとしても乗れる 変身サンライダー!!

 

文字を絵にすることで 学習効果が4倍もアップ!?

 

 

カメラで遊んで学べるMagic Tablet 徹底レビュー